婚活情報東京 - 東京の婚活を徹底ガイド

東京のあらゆる恋活情報をあなたのために徹底ガイド!
2020/01/31

男性心理をつかめ!モテ女子になるためには

キーワード:, , , , ,

「イケメンから愛されたい!」「好きな人から好きになって欲しい!」
そう願う恋活・婚活女子は多いですよね。

恋愛関係のモテテク記事や雑誌、書籍が毎日のように世に出ているのは、やはり「どうしたら相手にモテるか」をみんなが知りたがっているからでしょう。

でも、「愛されるために受け身じゃなく努力してるのに、がんばるほど空回りしてしまう」ような気持ちになったことはありませんか?
「こんなに努力して尽くしているのに…あと何をしてあげたら好きになってくれるんだろう」…

もしかしたらあなたは男性心理を勘違いしているのかも?

 尽くす女は意外とモテない

「デートは割り勘!プレゼントもねだらない!荷物なんて持たせたこともない!!
「料理だって美味しいのを作ってあげて、掃除も洗濯も必死でやってあげているのに
むしろ相手がどんどん冷めていってる気がする…」

それはあなたが努力の方向を間違っているからかもしれませんね。

男性は基本的にプライドが高く褒められたい生き物です。「ありがとう!」「すごい!」と褒められることに喜びを感じ、女性の喜ぶ笑顔が見たいと望む心理がとても強いのです。

「やっぱり頼りになるなぁ」「嬉しい」という一言のためならがんばれてしまうんです。

それゆえに、なんでもテキパキと先回りされて「ありがとう」と自分がお礼を言うばかりの状況には「楽だけどつまらない」と感じてしまいがち…

  「ママ」になってはいけない

女性からかいがいしく尽くされたらはじめは嬉しいものでしょうが、人というのは悪い意味で慣れてしまいます。
あなたが尽くしてくれることが次第に当たり前になって、「この子はしっかりしていて、勝手になんでもやってくれる。頼んでもいないのに」と感謝すら薄れていきます。便利な家政婦か頼れるママという認識になり、ときめきが無くなっていくんですね。

多少は冷たくしたり頼ったりメリハリを持たせたほうが、男性の恋愛感情は高まるんです。
「お願いだからコレ持ってくれない?」「たまに美味しいところ連れて行って」などと相手に「やってもらう」ことも意識しましょう。もちろんやってもらったら多少大げさにでも喜んで見せましょうね。
なんでも与えてくれる便利な女性よりは、かわいく甘えて「すごいね!」と尊敬してくれる女性のほうにときめく男性が多いんです。

 まとめ

追いかけるよりも、追いかけられる恋のほうが女性は幸せになれると言います。適度にミステリアスで距離のある女性のほうが男性は「追いかけたい!」と感じます。
相手を思うあまりに尽くしすぎることは、逆効果になることもあります。
「守ってあげたい、この子のために何かをしたい」と感じてもらうことが大事。
たまには男性を立てて、「ありがとう♥」「やっぱり頼りになるなあ」と感謝する機会を作ってみてくださいね(^^)/

♥出会いの場!東京の婚活パーティーはこちらから♥